エンジニア

自分が得た知識を、自分の言葉で的確に伝えていきたい

新卒入社 2年目エンジニア金子 あやか

仕事の内容は?

現在はアンドロイドのアプリ開発をしています。
ここ1年間でアンドロイドやIOSのアプリ開発のほか、Webのサービスを作ったりなど、いろいろな分野に携わっています。
今は2年目になりましたが、入社前の内定者期間に、ひとり1本アプリを作ってリリースまでするという研修があったので、入社直後も戸惑うことなく仕事に打ち込めました。

interview-kaneko_img01

interview-kaneko_img02

やりがいを感じる時は?

最近では製造だけではなく、設計書を描く機会があります。白紙の状態で設計から作り上げていったものがお客様の手に渡り、さらにユーザーの手にも渡り、それを実感した時に、とてもやりがいを感じました。

入社して苦労したことは?

文系の大学出身で、プログラミングを本格的にやり始めたのが、内定者期間の半年の研修でした。
もともとプログラミングには興味があり、高校生のときから少しやっていましたが、本当に趣味程度だったので、基本的な知識を身につけることには、苦労しました。

目指したい先輩像は?

自分が得た知識を、自分の言葉で的確に伝えていけるような先輩になりたいですね。

YAZに入社を決めた理由は?

最初に説明会に行ったあとすぐに社長とお話しする機会があり、そこで他社にはない社長との距離感をすごく身近に感じたんです。その時の話で、社員はみんな新しいものが好きで、興味を持ったものにいろいろとチャレンジしていると聞いて、「私もここだったらいろいろなことにチャレンジできる!」と思い入社を決めました。

会社の魅力はどんなところ?

上司や社長、役員との距離感が本当に近くに感じます。直接いろいろ提案ができますし、それを受け入れてくれる環境です。
例えば、私が提案したことに関してですが、この業界はデスクワークが多いので、運動不足になりがちな人が多いんです。そこで「運動推進委員会」というのを立ち上げて、月に2回程度でスポーツする企画を設けました。みんなでボルダリングしたり、バッティングセンターに行ったりしています。
他の社員が提案した中には、社内の椅子をバランスボールにしよう!というものもあり、実際試験的にですが取り入れられたんですよ。

一緒に働く仲間の印象は?

各々がチャレンジしたいという気持ちを持っていて、技術や新しいものに貪欲なんです。
業務とは別に自分でアプリを作ったり、技術的なセミナーに行く人も多いです。
そういう社員が集まっていることが魅力ですね。

エントリーはこちら

こちらのページもおすすめ